トップページ  > 紀宝町ウミガメ公園 > ウミガメの種類
印刷する

ウミガメの種類

こんなウミガメがいるよ!

アカウミガメ

アカウミガメ

和名…アカウミガメ
英名…Loggerhead turtle
学名…Caretta caretta

【生態】

頭部、特に頭幅が甲羅にくらべ大きく、全体にがっちりした印象で、生体は褐色または赤褐色。温帯の海域でも繁殖する唯一のウミガメ。メスは、2〜3週間の間隔をおいてシーズン中に1〜5回産卵する。1回の産卵数は120個前後のことが多い。この井田海岸で産卵するのはこのアカウミガメである。


【食性】

貝類、エビ、カニ、ヤドカリ、シャコ等の甲殻類、タコ、魚類、海藻類。


【地理的分布】

世界中の熱帯及び亜熱帯の沿岸水域に広く分布し、普通、温帯水域や温暖の境界へ移動する。北大西洋:メキシコ湾流、北太平洋:北赤道海流、黒潮、カリフォルニア海流に乗って大規模回遊を行うと予想されている。



アオウミガメ

アオウミガメ

和名…アオウミガメ
英名…Green turtle
学名…Chelonia mydas

【生態】

甲羅の鱗(うろこ)はタイル状で、全体が卵円形で緑黒色または暗褐色、時にはオリーブ色のものもある。鱗片に暗い放射状や班状の模様のあるものが多く、大型のものは120cmを超える。メスは平均12日間の間隔をおいてシーズン中に2〜8回産卵する。1回の産卵数は110個前後のことが多い。


甲長/100〜120cm
体重/150〜300kg


【食性】

海藻、海藻など


【地理的分布】

太平洋、大西洋、インド洋の熱帯から亜熱帯地域の大陸の沿岸、島周辺に広く分布するが、温帯地域では稀である。



タイマイ

タイマイ

和名…タイマイ
英名…Hawksbill turtle
学名…Eretmochelys imbricata

【生態】

鷹のようなくちばしを持つ。甲羅上の鱗片が瓦状に重なっており、甲羅の色や模様は変化に富む。黄色のベッコウ地に茶または 茶褐色、黒色の雲状の班もんが入り混じり複雑な模様をしている。


【食性】

海綿、イソギンチャク、イカ、タコ、カニ、魚類、海藻類。


【地理的分布】

ウミガメ類の中でも最も熱帯性であり、太平洋、大西洋、インド洋の熱帯、亜熱帯地域に分布。珊瑚礁域でよく見かける。






もどる

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる