トップページ > 観光<観光情報> > 紀宝町観光名所 > 飛雪の滝(ひせつのたき)

観光<観光情報>

観光<観光情報> > 飛雪の滝(ひせつのたき)

印刷する

飛雪の滝(ひせつのたき)

飛雪の滝(ひせつのたき)

浅里神社の西隣にある高さ30m、幅12mの天から水が舞い降りるように流れ落ちるこの滝には「幽玄」という言葉がよく似合います。

その昔、この滝を訪れた紀州藩主の徳川頼宣(南龍公)が美しさに心打たれ、「幾重なす山を巡りて川豊か物は皆装い凝らす秋の色滝つ背の一筋掛かる岩辺の風吹けば飛沫さながら雪の舞い」と漢詩を詠みました。そのことから「飛雪の滝」と呼ばれるようになりました。

飛雪の滝周辺は、キャンプ場や遊歩道も整備されています。

※赤いマークのあるところが現地です。

問い合わせ先

紀宝町役場 企画調整課

TEL:0735-33-0334

FAX:0735-32-1102

〒 519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる